上品に仕立てたいならペンダントを身にまとおう

お洒落に必要なアイテム

おしゃれアイテムの王道

レディ

帽子やスカーフ、ピアスや指輪など、ファッションアイテムにはいろいろな種類がありますが、ペンダントはそんなファッションアイテムのアクセサリーの中でも使用するのにハードルも低く、それでいてデザインや素材などのバリエーションも豊富なため、多くの人たちが利用するアクセサリーとなっています。そんなペンダントですが、その魅力としては首に使用することでインパクトがあり、人の視線を集めやすいという点があります。それゆえに服装などはシンプルであったとしても、ペンダント一つ使用するだけでいっきに雰囲気が様変わりし、おしゃれに見える場合などもあります。またデザインのバリエーションが豊富ということは、使用する場面のシチュエーションに合わせやすい傾向にもあり、カジュアルな場面でもフォーマルな場面でも活躍してくれるアイテムとなります。もちろんそれゆえに年齢に合ったデザインのものなども見つけやすく、性別にも合わせてデザインを選ぶことも可能です。さらに同じ服装でもペンダントを使用することでコーディネートの幅も広がるため、着回しなどの際に利用するにも最適ですし、価格についてもお手頃価格から高級なものまでそろっているため、自分で使用することはもちろん他人にプレゼントするアイテムとしても喜ばれる傾向にあります。このようにペンダントは使い勝手が大変良いファッションアイテムであるために、おしゃれの演出のために多くの人たちから愛されており、人気の高いアクセサリーとなっています。

輝きを保とう

女性

ペンダントは宝飾品なので普段からお手入れをしていないと、本来のペンダントとしての輝きを失ってしまいます。そのため、お手入れ方法を知っておく必要があります。失ってしまいます。まずは身につけたら拭くことを忘れないことです。ペンダントは素肌に触れるので皮脂や汗が付くのが一般的です。女性の場合は、それに加えてメイクもしますので、化粧品の成分も付着しやすいです。こうしたものが汚れとなって表れてきて宝石としての輝きがなくなっていきます。したがって、日頃から装着したら拭き取ることを欠かさずにやりましょう。また、そうした習慣を身につけたとしても複雑なデザインをしているペンダントの場合は十分に拭ききれていない可能性もあります。そのため、定期的に中性洗剤で洗う必要があります。中性洗剤が入った洗面器にペンダントを漬けて、先端が柔らかいブラシで磨きます。そうすると細かい汚れも洗い落とすことができますので、非常に綺麗になります。このときに用いるはブラシは豚毛がおすすめです。一般的な歯ブラシだとペンダントの宝石を傷つけてしまうので注意が必要です。靴を洗うときに使うブラシが豚毛なので、身近なものであればそれがおすすめです。ちなみに、宝石がエメラルドの場合には、他の金属よりも脆いので、洗剤での洗浄は厳禁です。シリコンクロスなどで優しく拭き取るくらいがいいでしょう。それでも汚れがどうしても気になる人は業者に依頼するしかありません。

さまざまな宝石類

アクセサリー

ペンダントにはさまざまな宝石類が付いています。お気に入りのペンダントであればずっと使い続けたいものです。そのためには、適切な管理方法を知っておくことが重要なのですが、宝石の種類ごとにやり方が異なります。たとえば、ゴールドとプラチナのペンダントは汗で酸化しやすい性質を持っています。そのため、お手入れをしていないとすぐに汚れてしまいます。定期的にぬるま湯に浸してから歯ブラシで優しく汚れを洗い落としましょう。ただし、酸化の程度が強い場合にはそれだけでは不十分です。専用の貴金属洗浄剤を用いて洗う必要があります。また、ダイヤモンドは体の皮脂というよりも、静電気によってホコリが付きやすい性質もあります。そのため、水洗いを日頃からしっかりとしておくと綺麗な状態を維持することができます。さらに、ルビーやサファイヤのペンダントであれば、非常に硬度が高いので、汚れを見つけたらブラシでゴシゴシと洗いましょう。薬品にも強いので洗剤でもその他の洗浄剤でも基本的には使うことができます。宝石の中で管理が最も難しいのがパールです。パールはぬるま湯でも洗剤でも他の専用の洗浄剤でも使うことはできないからです。ブラシで洗うのも厳禁であり、柔らかい布で拭くくらいしかできません。汚れが気になる場合には専門業者に依頼しましょう。このように、宝石にはそれぞれの性質がありますので、それを把握した上で適切な管理方法を実践しましょう。